春   霞                        モ   ズ

霞たなびく候とはこの時期のことをいう、生憎本日曇り、久々の都市公園へ出かける。なかなか出会わない友人と思いもかけずにお会いししばし談話す、私があまり撮影に出ないものだから、何年ぶりかでお会いしたような感じがする。短い時間で会ったがうれしい限り。又いずこかでお会いできるのも楽しみとし、昼近くに別れた。もう梅が満開の公園、春が近い、梅の香りが何とも言えぬ私の心を癒してくれた。そういえば梅の歌は何かと頭を巡らしつつ、古来より梅は歌に詠まれ親しまれた、日本は四季の移ろいがはっきりしており、とかく冬から春にかけての季節の移ろいは何物にも代えがたい情緒があろう。又秋から冬へとの頃も同じことが言えるのではなかろうか。



d0107950_2336151.jpg





春の夜は吹きまよふ風の移り香に木毎に梅と思ひけるかな

春はただわが宿にのみ梅咲かばかれにし人も見にと来なまし        『和泉式部』
[PR]
by hiro-0941 | 2011-02-20 23:36
<< 白    梅         ... 花 信 風          ... >>