ルリビタキ

 すでに日付も改まり弥生三月、久々に学生時代からの友から電話にて一杯やらんかと、誘いを受け嫌いではないのでついつい飲んでしまった。ひな祭りを家族で過ごす約束があったのだが、・・・。
 ブログを始めた、また以前から趣味の写真もスタイルが変わり多少なりとも野鳥の写真などを撮っているとの近況も報告しあって・・・
 何の話からか、種田山頭火・若山牧水・「武蔵野夫人」なんかを昔話を交えて語り、いつの間にか夜も更けてしまった。

d0107950_22151920.jpg

 少々二日酔い頭の痛い一日だ。生暖かい気持ちの悪い一日でもある。大岡昇平「武蔵野夫人」の書き出し写真のルリビタキとはなんら関係ないのですが。

 『土地の人はなぜそこが「はけ」と呼ばれるかを知らない。・・・・・  
 中央線国分寺駅と小金井駅の中間、線路から平坦な畠中の道を二丁南へ行くと、道は突然下り
となる。「野川」と呼ばれる一つの小川の流域がそこに開けているが、流れの細い割に斜面の高い
のは、これがかって古い地質時代に・・・古代多摩川が、次第に西南に移って行った跡で、斜面は
その途中作った最も古い段丘の一つだからである。・・・』
[PR]
by hiro-0941 | 2007-03-04 22:20 | 野  鳥
<< 山茶花の咲く池 ヒレンジャク >>