初  冬            ニシオジロビタキ

何度か撮影したいと思っていた鳥お誘いいただき関係者各位に感謝、また撮影場所を譲っていただきこれまた感謝まこと幸せな年末となる。


d0107950_2159885.jpg





京橋の瀧山町の 新聞社 灯ともる頃のいそがしさかな   

春の雪 銀座の裏の三階の 煉瓦造に やはらかに降る    

よごれたる 煉瓦の壁に 降りて融け 降りては融くる 春の雪かな     「啄 木」

十二月の初め、久々に六本木銀座と出向いた。詳細は何れ又の機会に、ちょいと思い出した歌でもある。
[PR]
# by hiro-0941 | 2016-12-12 19:35

  梅  雨

 車窓より見える田植えの終わったあたり一面の水田、カエルの鳴き声もだんだんと近づいてくる、田舎の田んぼの用水路わきには、立葵が色鮮やかに咲いている。車列は方向を変え霊園へと・・・・。先頃梅雨の晴れ間であった日に母の四十九日を終えた、享年八十八・・・・合掌・・・・・。
 少し蒸し暑い霊園の中線香が漂い読経が流れ、静かに納骨が終わった。近年の霊園と云うのは大変な様変わり用には驚いた。あちらこちらにバラが咲きアジサイも見事に咲いている・・・・先ほど車窓より見たあの立葵もそこかかしこに凛と咲いている。
雨が降ることも無く若干日も差せば少し蒸し暑い穏やかな一日・母の生涯を振り返りつつ、帰路に着いた。




d0107950_12485273.jpg


「五月雨の晴間や屋根を直す音」と子規の歌である

この季節この歌がぴったり。
[PR]
# by hiro-0941 | 2016-06-27 12:52

渡り鳥たち

風強くある一日・・・桜激しく舞う街中何か風情があるような・・・・桜が咲き散りゆく花がまた美しい・・・街々を歩けば華吹雪を堪能できる。
日ごろお世話になる方に御礼も兼ねてご挨拶が、かえってコーヒーをごちそうになる。恐縮・一時間ほどの大変有意義な昼下がりを過ごすことが出来た。感謝に感謝!!

先頃珍しい鳥がいるよとなかなか近くでは見られないとお誘いを受け・当方水に浮かぶ鳥はあまり好きではないと、能書きをたれながらも行ってきた。鳥に詳しくない私にとってはかなりの珍鳥である。


d0107950_2162239.jpg




d0107950_2172882.jpg



d0107950_21834.jpg


d0107950_2182388.jpg



咲く花もをそろはいとはしおくてなる長き心になほしかずけり

心には忘るる日なく思へども人の言こそ繁き君にあれ


夏葛の絶えぬ使のよどめれば事しもあるごと思ひつるかも


                                            『 大伴坂上郎女 』
[PR]
# by hiro-0941 | 2016-04-11 21:19

  早   春               ハクガン

もうそろそろ渡ってしまうのではと、取り急ぎ行ってきました。


d0107950_17381457.jpg





シマアカモズ
d0107950_17391942.jpg




燕来る時になりぬと雁がねは国偲ひつつ雲隠り鳴く

春まけてかく帰るとも秋風にもみたわむ山を越え来ずあらめや

                          「大伴家持」
[PR]
# by hiro-0941 | 2016-03-07 17:42

弥生三月        スズメ

本日より月が変わり、3月・・・暖かくなるとよい、またるる穏やかな春、若いころはこの春が待ちどうしいと実感として思ったことはないように思う。が、・・・。早い話が年老いて来たということ。しかし近年の異常気象を見るにつけ、この異常さが正常になるつつあるのではないかと思うのは、私だけではあるまい。何らかの形で身を守らねばならない気象状況である。夏冬にかかわらずお互い注意していきたいものよ。


d0107950_2114632.jpg



いたづらにこの一えだはなりぬなり残りの花を風に散らすな

のどかなるおりこそなけれ花を思ふ心のうちは風はふかねど

                          「和泉式部」
[PR]
# by hiro-0941 | 2016-03-01 21:08