<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

  秋   燈                      キビタキ

秋の気配にはまだ少し早い公園へ出かけた、お久しぶりにお会いした皆様のご配慮にて撮影ができ、感謝です。




d0107950_23165341.jpg


d0107950_23183337.jpg


d0107950_23191914.jpg



はらはらと雀飛び来る木槿垣 ふと見ればすずし白き花二つ
  白 秋
[PR]
by hiro-0941 | 2009-09-29 23:23

  薄紅葉                        キビタキ

彼岸前のある日線香の香り漂う寺の境内を歩く夏の名残の日差しが、日焼けした素肌にほんの少し痛痒さを感じる。
昨年なくなった義理の母の一周忌法事である、秋桜が揺れるその先にある墓標・・・・新しく刻まれし名前を指でなぞる妻や、参列者の姿が・・・・。香が焚かれ読経が静かに静かに流れる、日傘の列のその向こうには霊峰富士が威風堂々の観あり。振り向けば湖水の水面に映る富士の姿がある。漂う線香の香りの中に僅かながら金木犀も・・・・・・。あっ、秋の香り。さすがに夕刻ともなればこの富士五湖周辺は肌寒さが増してもうすっかり秋色の鰯雲が茜色に染まる、時々刻々と湖水に映る富士を見ながら酒を飲む、想うこと多々なり、人は生きとし生きて八十もしくは百余年・・・その人生人それぞれ良かれ悪しかれ悲喜交々・・・・現世とあの世この世、はたまた天国か地獄か・・・、彼の人如何に住みぬらん・・・?何れにせよこれ程の景勝の地に眠れる事は最高の事なり、願わくは私もと・・・・。酔って湖畔を歩く私の肩には枯葉一つ二つと舞い散る、見上げれば薄墨色の富士が厳然と・・・・。


d0107950_22142411.jpg



たれをかも まつちの山の 女郎花 秋をちぎれる 人ぞあるらし

今はとて わが身時雨にふりぬれば 言の葉さへに移ろひにけり         「小野小町」
[PR]
by hiro-0941 | 2009-09-28 23:51

   秋 日 和              ウ     ソ

ブログの更新がないため写真を通じての友人よりニ・三、私を案じての電話あり、恐縮なり、・・・・どうしてるん?写真は撮ってるん?俺、今度大学の後援会会長になった、今までとは違って撮影も儘ならなく忙しいと、相変わらず豪放磊落の声が、・・・・または、お元気してますか?今カワセミ撮ってる、夏以来ブログの更新ないね、どうしてるか、風邪ひいたの?と、思いやりのある繊細な彼、
または、お元気にしてます?お体は?・・・・もう秋ね・・・、秋らしい何かを書いてくださいね、あっ・写真も・・・・楽しみに拝見してるわ・・・・と其々の受話器の向こうから・・・・・。
 煩雑な日々が続きいつの間にか彼岸も近い休息の一日、雨戸をあけ見上げれば天空はいや増して高し青き空、寝起きの素肌に涼やかな空気が秋の始まりを誘う・・・・今年の秋は足早にやってきそうな観あり、午後より所用にて友に会う為池袋へと、朝の涼しさとは違い過ぎゆく夏の日差しが心地よく暑い、オープンカフェにてしばし友達と語らん・・・・。ちょっとした時事放談・政権が代わり時代が変わるのかも、あのプラハでのオバマ大統領核なき世界の宣言もしかして本当に時代は確実に歴史は明確に平和へと築かれつつあるのかもしれない、と・・・・かつての安保闘争に身を委ねた友等が熱く語る、夏の暑さを思わせる昼下がりとなった。


d0107950_2238493.jpg



枕草子
秋は夕暮。夕日のさして山の端(は)いと近うなりたるに、烏(からす)の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛びいそぐさへあはれなり。まいて雁(かり)などのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。日入りはてて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。
[PR]
by hiro-0941 | 2009-09-13 22:41