「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

水芭蕉                       コルリ

信州へ・・・・・。幾度となくこの写真を撮影したく通ったことか、理想の写真にはほど遠いが一応撮影できたことに感動している。





d0107950_2357730.jpg


d0107950_23574364.jpg


d0107950_2358693.jpg

コサメビタキ

d0107950_23583170.jpg






ふるさとの山の町なる夜の雪醉ひて眠りぬ昔の人と
山深き信濃の町につもる雪夜ぶかく醉ひて帰るすべなし
                             北信の歌人「島木赤彦」
[PR]
by hiro-0941 | 2010-05-16 23:46

菜の花                         ヨシキリ

先日この写真を撮影しているときに、老夫婦のご老人が(ヨシキリ鳴いて~・・・・。)と何やら歌っていたが、調べたところ定かではないがそんな歌謡曲があったらしいことが判明した。


d0107950_23193274.jpg


d0107950_2321377.jpg


ホオアカ
d0107950_23225897.jpg

d0107950_2324489.jpg


思ふらむ人にあらなくにねもころに心尽して恋ふる我れかも
                                     大伴家持
[PR]
by hiro-0941 | 2010-05-16 23:28

菜の花の里                        セッカ

どこぞ初夏の風を感じる・・・・。やっと温かさを感ずるこの頃・・・・今年は陽光うららかな日々がなかったような・・・・ああ…誰かにまたるることもありや、また尋ねんこともありや・・・初夏薫風に誘われて旅に出たい・・・・。

d0107950_23112376.jpg



d0107950_23121547.jpg



『この次の休日に一日寝てみむと 思ひすごしぬ 三年このかた』と、石川啄木の歌身にしみてならぬこの頃。
[PR]
by hiro-0941 | 2010-05-16 23:13

里 山 の 春                  雉(きじ)

五月と云うのに菜の花畑が満開であった。今年は季節の流れがゆっくりと進んでいるかのようだ、時折季節外れの寒さを感じる、五月なのに宿の庭先に雪が降っていますと北信の宿の女将から電話・・・・貴方がいつも仰るようにいよいよ世紀末かと受話器の向こうで笑って・・・・・また今年も温かくなりましたらお越しくださいと・・・・。

もうとうに春が過ぎ初夏の気候であるはずなのだが、風が冷たく感じる、今日一日菜の花の香りに包まれて春の野を満喫できたことに感謝。

d0107950_22373270.jpg



いたづらにこの一えだはなりぬなり残りの花を風に散らすな

                                  和泉式部
[PR]
by hiro-0941 | 2010-05-16 22:49

スカイトアイラルショー

今年はいつになく寒い冬であった、比較的暖かな都会に住んでいながらこの寒さは初めて経験したであろう、彼岸近くであったろうか、友人からたまには来ないと忘れてしまうぞと・・・・猛禽ショーがあるからとお誘いを受けた。ちょうど仕事が軟禁状態の如く続いていたが午前中のみ思いきって出かけた、友人は相変わらずの豪放磊落というか変わらぬ風貌でいた・・・・・・。午前中のショーが一段落の頃・・・・背後から声を掛けられ、振り向けば二三年お会いしていなかった涼やかなご婦人・・・・ご無沙汰です、いつもブログ拝見してます、なかなか更新されないのね、と、・・・・恐縮の限りである、帰り際には仕事忙しいそう、体にお気おつけてとお気づかい頂きまたまた恐縮、ああ・・・人の情け情愛というものには温かさを感じる・・・・・。それにしても彼岸が近いというのに真冬の如き寒さであった。

d0107950_2159259.jpg



なにか神のささやく如きここちしてそぞろ思ひにさまよひゆきぬ

大空や何か日頃のあこがれの黙示(さとし)流ると仰ぐ夕雲        啄木
[PR]
by hiro-0941 | 2010-05-16 22:11

菜 の 花 畑                        セッカ

久々に早起きをした、酒飲みには早起きがつらい、立ち昇る旭日がまこと美しい・・・・・。河川敷なのか一面の菜の花畑に圧倒されつつ・・・・・・、朝露が菜の花にかかり綺麗かなと思いきやそうでもなかった、せっかく来たので撮影を始める、朝の柔らかな日差しが菜の花を色鮮やかに引き立たせる、少し遠くでヨシキリが鳴き始め・・・・、どうしたものか、なかなかセッカが来ない、早朝から老夫婦が散歩をして私の場所を行き来し、菜の花が綺麗だが何を撮っておられるか、小鳥ですが、ほうヨシキリをな、ヨシキリ鳴いて~と歌い始めた、浪花節か何かかな果て?いったい何なのかな歌いながら杖をつき立ち去って行った。とんだ災難かもと思いつつもお目当てのセッカが来てくれた。
教えてくれた友人に感謝の電話・・・・・。


d0107950_2137279.jpg
  


d0107950_21374836.jpg


この連休中は、少しばかりの休息ができ、いろいろ学ぶことができ大きな収穫であった。何れの機会にまたご報告をいたします。
[PR]
by hiro-0941 | 2010-05-05 21:43

薫 風 駘 蕩                      菜の花畑

どこまでもが菜の花畑……。思いは夢のなかを駆け巡り・・・・。我が思考回路も正常になりつつあり・・・・。
旅に出たい初夏の香りを満喫したいと思う。


d0107950_20281576.jpg



ほのぼのと明石のうらの朝霧に 嶋がくれ行く舟をしぞ思ふ    柿本人麻呂
[PR]
by hiro-0941 | 2010-05-05 20:40