<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

入  梅                       フクロウ

 先頃のことお世話になった方がなくなり、午前中やや激しい雨の中お別れのご挨拶に伺う、涙雨、思うことしばし。
昼より時間か空いてしまい、事務所にて夕刻まで、不信任案の行く末を面白おかしく見て過ごした。
 魑魅魍魎とは如何なる者か、与党の造反の輩も、野党の輩も、何とははしにからかわれたような者だろうか、数時間前までは、不信任案を賛成と投じるぞと、鼻息も荒く声高にしていたやからも、如何いたしたものか、ああ言えばこう云うと、古狸と、古狐。
 未曾有の大震災で被災し、いまだ十万人もの人が避難を、余儀なくされているている状況の中、こんな茶番劇をやっているのは如何なものか。
 自民党も、公明党も何者かに乗せられたのか、与党の幹部もしかり、昨夜までは、菅直人総理は一刻も早く辞めるべきだ、不信任案に賛成を投じますと。
その声高な鼻息も一夜明け数時間もすれば、報道インタビューには、今後も菅総理を支えますと。あきれてものも言えぬが、一人だけ蟷螂の斧のごとき振る舞いをしたのがいたが、その師と仰がん輩は欠席をし雲隠れ、親分は欠席し子分がかわいそう、と言った、老狸の議員もこれまた哀れなり。
 あえて論ずれば、こんな政治の世界を垣間見ると魑魅魍魎とはよく言ったもので、実に面白い。様々に物事を探れば限が無いが、いずれにせよ、国民の税金で飯を食っている先生方、すべての議員と名乗る先生方、わが郷土の誇りでもある、あの田畑を売り払い私財を投じて足尾銅山の鉱毒事件で尽力した田中正三氏を見習ってはどうかと思う。
 また、かつて何かの講演で聞いた、「この世の中で、嘘と臆病という言葉がなくなれば、あっという間に世界平和も、核軍縮などさまざまなものが簡単に完結できるのだ、」と。
なかなか、人の心と云うものは分からないしまた見えない、であるがゆえに世の中の面白さがあろうと。
 今を生きるのに精一杯の被災した避難民はいかに思うのであろうか。全ての国会議員があの被災地に行って瓦礫の一つでも手に取ってみてはいかがかなと思うのもである。
私は現政権政党を支持するわけではないが、この大災害の時に、幸か不幸か菅直人という民主党の総理大臣が指揮を執っているが、他の政党のものが、誰がやっても同じであろう。
全く情けない限り、なぜこんな日本になってしまったのか、日本のこの国の行方は如何。

d0107950_122212100.jpg




d0107950_12225372.jpg


「立原道造」

しづかな歌よ ゆるやかに
おまへは どこから 来て
どこへ 私を過ぎて
消えて 行く?

夕映【ゆふばえ】が一日を終らせよう
と するときに――
星が 力なく 空にみち
かすかに囁きはじめるときに

そして 高まつて むせび泣く
絃【いと】のやうに おまへ 優しい歌よ
私のうちの どこに 住む?

それをどうして おまへのうちに
私は かへさう 夜ふかく
明るい闇の みちるときに?
[PR]
by hiro-0941 | 2011-06-05 12:29