<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

叶わぬリベンジ     ホオアカ

大曲の交差点を過ぎ、しばらく行くと左の折れ曲がる交差点に出るその下り坂をゆっくりと家々の垣根を見ながらゆけば、そこかしこに紫陽花の花が・・・・・そして懐かしい若い頃からお世話になった友人の家が見えてきた。垣根越しの鮮やかな紫陽花を二(ふた)枝分けて頂く・一息入れてからが、積もる話も多くいつしか夕刻になってしまい取り急ぎ車にて一路芦ノ湖へ・・・・・。

先頃友人たちと毎年恒例の芦ノ湖バンガローへと向かった、近くの高原に立つビュッフェにて待ち合わせ空気がきれいな時間に夜の星々を眺めようと向かったのはよいがあいにくの小雨模様となり霧まで出てしまっていた、時計はもうすでに日付が変わろうとする刻限、友等が集まるまで車内にてカーラジオを聞く、私のこの古い車のカーステレオというかカーナビは地方にゆくと電波受信がよくない、私の設定の仕方が悪いのかもしれないのだがなんとも、・・・・そのラジオよりザー・・・・ザッ・・ザー・・・ザッザーと雑音の中より聞こえる先般亡くなられた俳優の蟹江敬三氏の朗読、中原中也の『山羊の歌』の中の「汚れちまった悲しみ」・・・深夜NHKのラジオ番組深夜便より流れている、少し遅れてきた友が買ってきたビールを飲みながら小さな狭い空間の車内でも久々に中原中也の『山羊の歌』と題する世界に身を委ねた・・・・。心地よい一夜となった。



d0107950_22382977.jpg



汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる

中略

汚れつちまつた悲しみに
いたいたしくも怖気(おぢけ)づき
汚れつちまつた悲しみに
なすところもなく日は暮れる……

芦ノ湖の湖畔はこの時期朝夕は寒さを覚えるが日中は涼やかな高原のロッジから二泊の旅をして家に帰れば、東京の蒸し暑い梅雨空の現実が待っている。ふと思い出された私の大好きなある人の歌がある。以下に記す。

『 日暮里の 線路工夫や 梅雨の朝 』
『 朝寝して 寝返り打てば 昼寝かな 』      

風天  との俳号を持つ  『 さくら幸せにナッテオクレヨ寅次郎 』
と歌う・・・国民的俳優・渥美清その人。私は取り分け「 朝寝して寝返り打てば昼寝かな 」が大好きである。
[PR]
by hiro-0941 | 2014-06-22 22:55

高原へ    ホオアカ

都会は梅雨本番一時だけの激しい雨があったが、それ以来梅雨は何処へと行ってしまったか晴れの蒸し暑い日々が続くもう夏なのかいやこれから夏は近付きつつある、またまたリベンジは名ばかりで懲りもせずに高原へ行って参りました。花はまだ蕾みであった。

「卯の花の匂う垣根に   
   ほととぎす 早も来鳴きて
   忍音もらす  夏は来ぬ」      
     (夏は来ぬ 一番より) 佐々木信綱作詞



d0107950_21445485.jpg



私のパソコンを打つ部屋の窓から、お隣の庭の紫陽花が咲き始めたのが見える、街々の紫陽花が咲き始めてきた、梅雨の季節鬱陶しいながらも美しく何かほっとする。

それにしても梅雨入りをしたといえ、何なのかものすごい豪雨、災害を起こすような雨だいったいどうなっているのだろう、以前のようにしとしとと長雨が降り続き、しっとりと紫陽花がそこかしこに咲き始めるといった情緒のある風情はもう昔の話なのか、今や何らかの身の安全を確保しなければならぬといった状況、地球環境がまずます悪化しているようだ。いずれにせよ災害の無いことを祈らずにはいられない。そんななか先頃久々のレンガ造りのカフェへ・・・・。
武蔵境の駅を出た頃は小雨であったが、いつものように玉川上水沿いを歩くと小雨のなか路々の農家の垣根からか時折スイカズラ花が少し香ってきた。目的のレンガのカフェのあたりまで来るとだんだんと雨脚が強くなり、なんという激しい雨想定外であった、足元がずぶ濡れになってしまった、少し駅で待っていればよかったのだが・・・・。このスイカズラの花の香りだが、私は恥ずかしいながらつい最近まで、卯の花の香りと思っていた、
何れにせよ着実に夏は近づきつつある、そんな歌を紹介しておきたい。

「 五月山(さつきやま) 卯の花月夜 ほととぎす
   聞けども飽かず また鳴かぬかも 」  
             
「 佐伯山 卯の花持ちし 愛(かな)しきが
    手をし取りてば 花は散るとも 」           二首とも 作者未詳 

「 卯の花を腐す長雨(ながめ)の 水始(みずはな)に
    寄る木屑(こつみ)なす 寄らむ子もがも」 
                                 大伴家持

「 谷川に 卯の花腐し ほとばしる 」          高濱虚子
[PR]
by hiro-0941 | 2014-06-22 22:18

梅雨入り      クロツグミ

リベンジとは名ばかりであった。今度こそはと思い立ち、先日出かけてみたが、花はすでに少なくなり、気落ちし疲労感さえ覚えた撮影となった。もう一度の何らかのワンチャンスに掛けてみたい。


キビタキ
d0107950_1619923.jpg



クロツグミ
d0107950_16211450.jpg


d0107950_16222582.jpg

d0107950_1623911.jpg


それにしてもこの森は新録のきれいな森である、感心しきり、

『森深く鳴きやみてたそがるる木の間の水のほの明りかも』
『山の池に紫に咲ける澤桔梗人の来りて折ることもなし』  北信の歌人 島木赤彦


梅雨入りをした、なんだろうこの大雨は、台風とも思えないが、尋常ではない激しい雨に危機感さえ覚える。以前の様な梅雨の時期と云えば、雨がそぼ降るというか、しとしとと雨が降りじめっとした日々が何日も続くのが梅雨本来の有り様ではなかったか。何れにせよ、あの二月の想定外の大雪、去年の夏の酷暑も想定外であった、今後もこの自然現象の異変に、想定外であると心身ともに何らかの備えを持つべきではなかろうか。
[PR]
by hiro-0941 | 2014-06-09 16:47