カテゴリ:未分類( 273 )

酷暑            ノビタキ


都会は酷暑続きですが、高原はもう秋が忍び寄っています。それにしても、高原も暑い。

d0107950_22213209.jpg



[PR]
by hiro-0941 | 2018-08-20 15:34

栗落花(ついり)        コムクドリ

新芽も出て、花も咲けば少しはいい絵になりそう。乞うご期待
d0107950_21413440.jpg



d0107950_2142961.jpg

ノビタキ君もいました。
d0107950_21422878.jpg

[PR]
by hiro-0941 | 2018-06-10 21:43

梅雨入り     ホオアカ

いよいよ梅雨入りお隣の家のアジサイが色鮮やかなり記事を書くのを休んでいる間に、時代は目まぐるしく動いていた。甚だ怒ることが多く、何から書き始めてよいか、頭のめぐりが悪いが少しづつ整理をしながらまた書いていきます。

d0107950_20441319.jpg





d0107950_2044328.jpg

[PR]
by hiro-0941 | 2018-06-08 20:48

ホオアカ

早朝の高原は、まだ、肌寒く花もまばらにしか咲いていない。もう少しかな。


d0107950_2141241.jpg



d0107950_2143488.jpg

[PR]
by hiro-0941 | 2018-06-05 21:45

キビタキ ♂

二年振りのキビタキ、形が悪いがキビタキであるに間違いない。久々に手が震えた。

d0107950_21522913.jpg

[PR]
by hiro-0941 | 2018-05-17 21:52

クロツグミ

先頃、リハビリ兼ねて、行って参りました季節外れの寒さに参ってしまい、如何なものかと思いつつ、なれぬ長靴などを履いて、この時期には珍しく雪の積もる坂道を危うく滑りそうになりながら、今日の日を間違えたと思った。

d0107950_19193236.jpg




d0107950_19201011.jpg


タンポポの花一面を期待していったが、大きな間違いであった。なにはともあれ寒すぎる。早々に撤収。来年また来よう。
[PR]
by hiro-0941 | 2018-05-13 19:22

クロツグミ

毎年この季節に出向く、場所出発前は、我が家の気温甚だ高く、やはり高原はかなり寒い、桜が、こぶしがそこかしこで満開であった。

d0107950_2039241.jpg




d0107950_2040915.jpg
d0107950_20402518.jpg
d0107950_20404232.jpg
d0107950_2041762.jpg
d0107950_20412010.jpg

[PR]
by hiro-0941 | 2018-04-24 20:42

コイカル

珍しい鳥とのことで大変賑わっておりました。メスのほうが大変上品な鳥ですね。

d0107950_20333229.jpg




d0107950_20343585.jpg


d0107950_2034535.jpg

[PR]
by hiro-0941 | 2018-04-24 20:35

初  冬            ニシオジロビタキ

何度か撮影したいと思っていた鳥お誘いいただき関係者各位に感謝、また撮影場所を譲っていただきこれまた感謝まこと幸せな年末となる。


d0107950_2159885.jpg





京橋の瀧山町の 新聞社 灯ともる頃のいそがしさかな   

春の雪 銀座の裏の三階の 煉瓦造に やはらかに降る    

よごれたる 煉瓦の壁に 降りて融け 降りては融くる 春の雪かな     「啄 木」

十二月の初め、久々に六本木銀座と出向いた。詳細は何れ又の機会に、ちょいと思い出した歌でもある。
[PR]
by hiro-0941 | 2016-12-12 19:35

  梅  雨

 車窓より見える田植えの終わったあたり一面の水田、カエルの鳴き声もだんだんと近づいてくる、田舎の田んぼの用水路わきには、立葵が色鮮やかに咲いている。車列は方向を変え霊園へと・・・・。先頃梅雨の晴れ間であった日に母の四十九日を終えた、享年八十八・・・・合掌・・・・・。
 少し蒸し暑い霊園の中線香が漂い読経が流れ、静かに納骨が終わった。近年の霊園と云うのは大変な様変わり用には驚いた。あちらこちらにバラが咲きアジサイも見事に咲いている・・・・先ほど車窓より見たあの立葵もそこかかしこに凛と咲いている。
雨が降ることも無く若干日も差せば少し蒸し暑い穏やかな一日・母の生涯を振り返りつつ、帰路に着いた。




d0107950_12485273.jpg


「五月雨の晴間や屋根を直す音」と子規の歌である

この季節この歌がぴったり。
[PR]
by hiro-0941 | 2016-06-27 12:52